平成22年1月28日の日記、学年末試験について言いたいこと。学生諸君、読んでおくように。

平成22年1月28日の持論抗論
加筆修正:平成29年5月6日


学年末試験に関して言いたいことがある。
世間一般の大学生にとって、この時期は後期期末試験・学年末試験の時期である。
普段大学にやってこない学生までもが大学に集結する。
不謹慎な例えをすると「大学生相手の無差別テロを決行するならテストの時期が一番効果的である。」
誰もやらないと思うけれど。

それゆえ、大学への路線バスも、いつも以上に混雑が激しい。
激しい混雑にもかかわらず、自分の占有スペースを断固確保して、プリントやらノートやら参考書やらを開く学生もちらほら見受けられる。
かなり邪魔なので、そのプリント類を鞄にしまって詰めてほしいのだが……。
どうせ今更チェックしたって頭に入るわけないでしょ?
一番邪魔なのは入口に立ち止まってる学生だね。
奥に入ればスペースがあるのに、入口付近で立ち止まるものだからそこだけ通勤時間の山手線状態になってる。
バスの乗り方なんて1ヶ月も乗れば、作法が一通り覚えられるだろうに。
あ、そうか、普段乗らないからバスの乗り方が分からないのね。

そしてそんな学生に慣れっこになっている沿線住民の傍若無人ぶりにも呆れてしまう。
相手が学生だからと、平気で体当たりして下車していく旅客が時折見られる。
学生が多くて不愉快に感じることに同情はしますが、なにも無言でぶつかっていくことはないんじゃない?

テストつながり。
「オレ勉強してないし。」
ってテスト直前にしきりに宣言している学生が多いこと多いこと。
テストの結果だけでは、「勉強したのに点数取れない真正のバカ」「勉強してないからそもそも知識を持ち合わせていない潜在能力のある優れた学生」「勉強してもその科目に拒絶反応を示す一部の学生」「満足に対策ができなくて後悔しながら受験した学生」とを選別することはできません。
あなた方が、一生懸命勉強していないことを強調して回りに触れまわり、「俺は勉強すれば点数のとれる賢い人間だアピール」をしたたところで、点数化されたテストの結果からは、真正のバカか勉強していないかは区別できません。
落第点は落第点。
真正バカの落第点と勉強していない学生の落第点。
まったく同じ落第点です。

テストってものは、点が取れるか否かを問うているのと同時に、期日までに一定レベルの学力を備えることができるか否かってものも問うている。
たとえば、1月28日にテキスト後半の範囲でテストをやるよ、っていうのは、1ヶ月以上前から告知されるわけです。
その告知された1月28日までに勉強を完成させればテストは怖くない。
その期日までに知識を完成させることをテストは学生に課している。何も当日の点数調査だけがテストの役割ではない。
当日の点数だけを問うているのであれば、期日を公開しない抜き打ちテストでやっても問題ない。
それにもかかわらず期日を公表するということは、そのテストは点数を問うているのと同等以上のレベルで、「期日までに知識を定着させられるか否か」ということまで問うているものであるを考えられる。

しかるに、期日と範囲を公表されたテストを受験するに際して「勉強してない」などと言い訳を口走っている段階で、その学生はテストが課した期日までの指定された範囲の知識を習得するという課題を満たせなかったという評価ができる。
一方で、勉強をしてきても及第点を取れなかった残念な学生は、テストで及第点を確保するという課題をこなせなかったと評価できる。

期日と範囲を公表したテストは、点が取れるか否かと、期日までに一定レベルの学力を備えることができるか否かを評価するものであるからして、
期日までに一定レベルの学力を備えることができなかった学生=「勉強してない」と、
点が取れなかった学生=「残念な学生」とは、
本質的なレベルで、どちらも等しく「課題をこなせなかった落第学生」と評価することが可能ではなかろうか。

冒頭で、テストの結果からは、「真正バカ」も「勉強していない学生」も区別できないと書いた。
しかし、よくよく考えてみると、両者は区別する必要のない本質的には同質的な存在であると考えることができるであろう。

以上より、
一生懸命「勉強していない」ことを強調して「本当は能力のあるオレ様」を演じようとしている学生諸君。
あなた方がどんなにそれを演じたところで、結局のところ客観的には「課題をこなせなかった落第学生」としか評価できません。
痛々しいので、「勉強していない」を連発するのはやめませんか?

勉強していないのであれば、勉強していないなりの結果が出ます。
それがあなたの真の実力ですから、あきらめてください。
期日までに一定の知識を習得するという力が無いというのが、あなたの真の実力ですから。

ちなみに、私、金融論の講義については、真正バカかもしれない。
何遍、指定テキスト読んでも理解できない。

さらにテストつながり。
私の友人に、能力は高いのに、自分の知識に自信の持てない人間がいる。
彼は、テスト終了と同時に回答の正誤を確認しないと気が済まない人物で、終わった瞬間私を質問攻めにする。
あの問題の答えは何? って。
で、自分の解答を教えると、
「それって、これがこうで、あれがああなるから、答えはこうなるんじゃないの?」
と、私の解答を完全否定して、自己の正当性を主張し始める始末……。
そんな論展開ができるんだったら、オレに聞かなくてもいいじゃん。
もうちょっと自分の知識に……と言うより自分に自信を持ちなよ。





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック