平成28年6月7日の日記、仕事きりあげ磐梯熱海温泉に入りに行った

この日、当地郡山では、東北楽天ゴールデンイーグルスと東京ヤクルトスワローズの対戦が、開成山野球場で開かれた。
午後3時くらいから、なにやらどんちゃん騒ぎ。
駐車場探しの車であろうか、開成山公園や市役所近辺をうろちょろ、もちろん、市役所の駐車場は満車で、場内を一周して出て行くしかない。市役所に用事があってやってきた野球なんて関係ない人にとってはいい迷惑である。開成山野球場周辺には大型駐車場はないし、郡山市として使える大型駐車場も、カルチャーパークとか郡山駅西口駐車場とかくらいしかない。そこに止めさせて公共交通機関を使わせようにも、バスの本数が問題となる。シャトルバスやろうにも誰が負担するのか。
野球場へは公共交通機関で、と広報しても、公共交通手段がないことは市民みんなが知っていることだから、広報の効果無く、周辺は大渋滞。

そんな日、私は、仕事を適当に切り上げて野球へ行かずに磐梯熱海温泉まで日帰り温泉に入ってきた。
野球観戦で同じグループの職員が定時に帰宅してしまったものだから、残業なんかやってると、電話を全部ひとりでかぶらなければならず、残業しても仕事が進まない。また、他グループからの問い合わせや照会や調査依頼が飛んできて、自分の仕事の進行を阻害されることがある。残業に他グループの職員を巻き添えにするのは、残業というものが日中消化しきれなかった業務をかたづけるものという趣旨に反し、他のグループに新たな業務を発生させルール違反だと思うのだが、そういうところに、うちの部署は、無頓着なようで。
ほかの職員が帰るときは自分もさっさと帰る、これを今期の作戦としている。

郡山市に住んでいても、気持ちの上で近くて遠かった磐梯熱海温泉は、いままで、訪問したのは、ただ一度だけである。前職で市外に在住していたときに労働組合の会合で利用しただけである。
そのときはそのときで、組合のどんちゃん騒ぎで、さんざん飲んで即寝たような覚えがある。

職場を出ていったん帰宅、下着の替えを持って車を走らせた。
国道は混んでいそうなので、工業団地を経由する市道や県道を利用し、裏道主体で熱海温泉まで移動。
業務終了後に間に合う立ち寄り湯をやっているところを、事前に調べておいたので、そこへ向かう。
(わかりにくくて隣の旅館に入ったこととか、駐車場が分からずに某信用金庫の駐車場に止めたとかはナイショである。)



今回訪問したのは、上記の「紅葉館きらくや」
午後7時以降も立ち寄り湯の営業を行っている数少ない旅館のひとつである。
内風呂と露天風呂の両方を備えている。なお、露天風呂は外にあるだけで、特に景色が良いとかは期待しない方が良い。そもそも磐梯熱海温泉自体が、山間部の渓谷部分に立地しており、何か景色が良いわけではない。
この旅館のモットーが、過剰サービスを省き過剰な費用負担を省く、というもののようで、必要以上のサービスはしない代わりに値段を安くするよ、という旅館である。
その雰囲気がフロント近辺からも見て取れて、豪華絢爛といった雰囲気ではない。
だからといって、周辺の他の旅館と泉質が異なることはもちろん無いわけでとりあえずの風呂に入りに来ただけの人間にとっては、かえって必要以上のサービスがない方が良い。
風呂だって十二分に満足であった。内風呂と外風呂と、それぞれかなりの時間入浴し、1時間近く入っていたと思う。
どうせ料金は変動しないのだから長時間入ってやれ、という貧乏性が出ていたことは否定しきれないが。
1時間の満足の後、気持ちよくなった私は、車内でひとりカラオケを繰り広げながら、帰路についた。

……なお、自宅に帰ったのが午後9時頃であったが、ま~だ開成山球場はどんちゃん騒ぎ、東北楽天ゴールデンイーグルスのメインテーマが自宅まで聞こえてきた。
どうやら勝ったらしいのだが、午後9時まで騒いでると怒られちゃうよ??




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック