平成22年3月2日の日記、連続きっぷを組めないと拒否されたけれど実は組めるものだった、と言う話

平成22年3月2日の日記 加筆修正:平成30年1月2日 「錯誤による無効」と言って良いのか分からないけれど、旅客輸送約款上購入できる乗車券を注文したものの、駅員が「できません」と売ってくれなかった話である。 旅客と旅客鉄道会社との間に発生した旅客輸送契約の錯誤を理由とした無効事案、となるのか、私とJRとの契約に関して無効だということになるのか。 今回の事件は、 「学生割引を適用した101キロ以上の乗車券」と 「学生割引を適用できない100キロ未満の乗車券」を 連続きっぷとできるか否かが焦点。 連続きっぷとは、 乗車券:A駅→C駅経由→B駅 乗車券:B駅→C駅経由→D駅 という区間が連続し一部区間がバッティングする組み合わせの券車券を同時に発売し、有効期間を通算してくれる切符のこと。 今回は、3月2日を使用開始日として、 乗車券:郡山駅→(新幹線・大宮・埼京・武蔵野・南武・中央東)→高尾(学割適用可)(3日間有効) 乗車券:高尾→(中央東・東海道)→大井町(学割適用不可)(1日間有効、途中下車不可) をセットに連続をセッティングした。きっぷは、3月2日から有効期間4日間となる。 これを、郡山駅のみどりの窓口で注文したところ、窓口の女性駅員は「学割の乗車券と学割じゃない乗車券は連続に出来ない」として、両者を別々に発券した。 しかも、経路間違えて、最初から作り直し。 (武蔵野線・南武線・中央線経由で注文したのに分倍河原経由を失念して発券してくれた……)…

続きを読む